Entry: main  << >>
マザーリング33回「テレビ・液晶画面の害」

ハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハート

●川口教室の評判は「ママの声」からどうぞ。

●レッスンスケジュールはこちら

●キャンペーンはこちら
ハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハートクローバーハート

 

こんにちは 川口教室の松永です

 

6月になりました。

いよいよ季節は夏☀

お外で遊ぶときは

帽子と日焼け止めを忘れずにね!

 

では、今週のマザーリングの動画をご紹介いたします。

今回は第33回『テレビ・液晶画面の害』がテーマです!

 

ぜひ、今回のテーマは0,1歳クラスの方だけでなく、

全ての保護者様に見て頂きたいテーマとなっております!

 

 

現代社会においてテレビやスマートフォンなどの

電子機器は生活の中で欠かせないものとなりつつあります。

これらのデジタル機器を見せず、触れさせず、関わらせず

子育てをすることは難しいでしょう。

 

大切なのは、過剰に関わりをもたせないこと!!

 

特に幼児期は画面の中ではなく、実際に肌で感じること

体で体験することがより良い脳を育てる要因になります。

テレビやyoutubeなどの動画を見る時間は

1日30分〜1時間までと時間を決めましょう。

 

テレビや動画は知らないことを知ることができるなど

様々な刺激が与えられるように思われますが

基本的に「見る」という動作しか行っていません。

考えたり、想像力を使う機会を著しく奪ってしまうのです。

 

また、近年、「コミュ症」という言葉があるように

他人とうまくコミュニケーションをとることが難しい人が

増えているとニュースでたびたび耳にします。

 

東北大学加齢医学研究所の瀧教授によりますと

脳科学から見ても

近年のSNSなどの普及により、

リアルなコミュニケーション不足が

将来大きな問題になると述べております。

 

テレビや動画、SNSなど

ネット社会の現代において切り離せないものかもしれませんが、

全てがダメなのではなく、大切なのは

時間制限するなど過度使用を防ぐことである、とも

瀧教授は述べております。

| ★御覧下さい 川口教室について★  | 17:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
Trackback